プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

イタリアワインが大好きで、食べる
ことが大好きなややメタです(?)
(メタボ検診を受けてます)
食べることはA級~D級、なんでも
OKの自称・他称、「メタ爺」と
言われてます。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

北海道は美味しい! [1] Feed

2012年2月18日 (土)

酪農大学の島黒豚

今月より、扱わせて頂けるようになった「酪農大学の島黒豚」

味わい深く、美味しいお肉です。

今日は「ミラノ風ポークカツレツ」に。

とても好評でした。

今日のまかないは、端っこを生姜焼きに。

冷めても美味しいお肉です。

2012年2月14日 (火)

栗沢ブランの会③

「こころみシリーズ ピノ・ノワール2010」生産本数378本。

良い年だけに作られ、2011年は栗沢ブランにブレンドされ生産されませんでした。

自分も出席者の方も初めてのワインです。

きれいなピノで、骨格はしっかりしています。

もう少し、寝かせてみたいワインで、中澤ヴィンヤードのピノと言えますね。


料理は「エゾ鹿の赤ワイン煮込み・北アカリに牧場タカラさんのチーズを添えて」

デザートは有機栽培のミカンのシャーベットでさっぱり。

そして、芽室町の川合農場さんの八列とうもろこしの粉を使ったクッキー

いたらない点が沢山あったように思いますが、今日出席された方は皆
栗沢ブランのフアンクラブみたいな感じで、楽しい会になりました。

ただ、当店の席に限りがあり、ご希望に添えない方には申し訳なかったです。

中澤さんには、来年2010・2011年の飲み比べをということで承諾頂きましたので来年のお楽しみに。

2012年2月12日 (日)

栗沢ブランの会②


プリモピアットは「カザレッチャ・オーロラソース」(道産帆立と札幌黄、
無添加のクリームソースに自家製トマトソース)

ワインはJosco Gravener の Breg'97.

超自然派の個性的な造り手で、日本の自然農法の父、福岡正信氏を崇拝。

畑においては除草剤などの化学的な薬剤は一切用いず、不耕起による
草生農法を実践。有機栽培から更に進化した「人為的な関与を出来る限り
排除」が信条です。

中澤さんがイタリアワインも・・・・というリクエストの答えたのですが
12年過ぎて、ちょっと心配です。

3年前に開けた時は素晴らしかったのですが、酢になっていたら・・・と
抜栓するまでドキドキでした。

このワインは濁っていることも特長の一つですので、デキャンタします。

色は黄色で、以前のような濁りは少なく、味わいはドライシェリーのようで
3年前と味わいは変化してますが、やはり素晴らしいワインです。

中澤さんも「出来るだけ何もしないこと」が信条で、共通点があります。

2012年2月 9日 (木)

栗沢ブランの会①

2月7日に当店で「栗沢ブランの会」が。

中澤ヴィンヤードの中澤さんにもお出で頂き「美味しいテーブル北海道」
の第三回 「美味しいさを生みだす生産者トーク」という会です。

この会が翌日の8日だったらと思うと冷や汗もんです。

8日はJRで今冬最多の231本が運休。

岩見沢周辺は大渋滞、江別・岩見沢でJRも何時間も止まったままになった
そうで、中澤さんも来れなかったかもしれません。

中澤さんには2年前にも来て頂き、小さなワイン会にお付き合い頂いたこと
があります。  畑にも2度ほど訪問させていただいています。

まぁ、自分たちが中澤さんの、そして栗沢ブランの大フアンなんです。

まずは中澤さんよりワイン作りのご苦労や、畑のご苦労などお話を
伺い、栗沢ブランの2008年と2009年の飲み比べです。

我々の業界では垂直テイスティングと言います。

08年はまろやかな口当たりで、果実実を感じます。

09年はちょっと酸を感じ、少し固い印象が。

08年は暑い年で葡萄が良く熟した年なので、良い出来だったんですね

09年は冷夏で、収量も減り、固い感じのワインに仕上がったそうです。

09年のワインにはピノ・ノワールもブレンドされています。

でも、どっちも美味しいし、どちらも栗沢ブランの美味しさを実感できます。

08年と09年を飲み比べをしながら、前菜を。

前菜はやはり白ワインというか、栗沢ブランに合う前菜です。

オカベファームさんの大根のアンチョビ乗せソテー
オカベファームさんの人参と牧場タカラさんのリコッタチーズのムース
長葱のグリルのマリネ

そして、バルコさんの塚田シェフのブロッコリーのタップナ―ドソース

バルコさんの塚田さんには「美味しいテーブル北海道」の3回目をしてみませんか?とお声掛けして頂き、今回の会が実現しました。


2012年2月 4日 (土)

立春

暦上は今日から春(立春)ですが、全国的に寒いようですね。

フランスでも雪で交通がマヒしてるようですし、札幌は雪が少ないですが
土曜日着の雑誌も東北の雪で、遅れているようです。

今日からススキノで氷像作りが始まりました。

結構観光客も多く、氷像作りを見学していました。

今週のランチの小菓子は喜茂別の牧場タカラさんの自然放牧の幸せな牛の
低温殺菌の牛乳で作ったプリンです。

寒さに負けないよう、体が温まるサフランとグローブを入れています。

味わいは、杏仁のような不思議な食感で美味しいです。

2012年2月 3日 (金)

ニョッキ新作

今日は節分。

特設の豆売り場より、恵方巻きの売り場のほうが人も多く、活気があり

時代の変わりを感じます。

さて、ニョッキの新作を。

ゴルゴンゾーラチーズが苦手という方もおりますので、「毛蟹のソースの
ニョッキ」です。

毛蟹から美味しい味も出ますし、毛蟹の味わいと、優しい味わいでワインが飲みたくなります。

ただ、1杯の毛蟹から5~6皿位しか出来ないので、ディナー限定で数量も
限定とさせていただきます。
(売り切れたら御免なさい・次回の仕入れまで・・・)

コースでもお選びいただけます。

さて、我が家は今晩、豆まきにするか恵方巻きにするか・・・?

2012年1月29日 (日)

ニョッキ試作品

今日も寒いですね。

今日、ドンキホーテの上で、ビデオを借りに行ったのですが、エスカレータ
の前にいたのは、今時珍しいズボンを腰までずりおろし、パンツを見せ、
更に尻まで見せる男子が。

思わず蹴飛ばしたくなりますね。

何が悲しくて、こいつのパンツを!尻を!見せられなきゃいけないんだ!
と怒りが湧いてきます。

たまにですが、しゃがんでる女子で、おしりや下着が見えている
場合がありますが、これは何故かそれほど腹がたたないもんです。

ところで、ニョッキのソースの試作。

「北アカリのニョッキ・ゴルゴンゾーラソース」が定番で人気もあり
美味しいと思いますが、ブルーチーズが苦手という方もいて、ちょっと
変えてみようかと思い、「寒じめホウレンソウとホタテのソース」を。

ホタテから出汁がでて美味しいソースが出来、ニョッキとの相性も。

今度、毛蟹を使ったソースで試作予定です。

2012年1月18日 (水)

「ちょい食べ!いしかりフェア」

16日17日と久々の連休でした。

昨年20日過ぎから、休みらしい休みは元旦だけで、流石に疲れが・・。

そうは言っても、銀行の用事やら、連休明けの準備やらはありますが。

また、昨日はイタリアワインのセミナーが。

VENETO州のINAMAという造り手で、私も好きなワインです。

5種の試飲をしながら、造り手のお話を伺います。

造り手の情熱が伝わってきます。

「我々ワイン造りはファッションではなく、普段は土まみれ、汗まみれで

土や葡萄・天候と係わっている仕事だ!」と言われ、La Spinettaの

リヴェッティさんの「私は百姓だ!」と言われたことを思い出します。


ところで明日から「ちょい食!いしかりフェア 」が始まります。

札幌市内の15店舗が参加して、石狩の食材を使ったフェアです。

当店は「まるごと札幌黄と根菜のコンソメ仕立・グリッシ―ニ添え」

幻の玉葱言われている札幌黄は盤系の我満さんの無農薬栽培の札幌黄。

無添加ベーコンは当別町の松田さん。

根菜は石狩ではありませんが、羊蹄の岡部さんの特別栽培。

各々、ご苦労されて美味しくて安全な食材を作って頂いている方々です。

グリッシ―ニは石狩産の「春よ恋」

コンソメは4日かけて作った自家製のWコンソメ。

頑張っても1日8食程度しか出来ないので1日8食限定です。

2012年1月 8日 (日)

TV取材

昨日は七草ということで「七草と有機の大麦のサラダ」をご提供。

お客様から「今日は七草だったのね」と喜んでいただけました。


今日はHTVの取材が急遽入り、大慌てです。

1月19日~22日限定で「ちょい食べ!石狩フェア―」を昨年暮に依頼され
まぁ来年だからと気楽にお受けしたのですが、急にTV取材もと言われ、
今日の15:30~に決まりました。

当店のメニューは「丸ごと玉ねぎ(札幌黄)と根野菜・無添加ベーコン
のWコンソメ仕立て・石狩産小麦春よ来いの自家製グリッシ―ニ添え」
¥1470。

札幌黄は昔から札幌の丘珠で作られてきた玉ねぎですが、味も良く
柔らかいのですが、病気に弱いことや玉の大きさが不ぞろいになり
やすいことで作られる農家さんが減り、幻の玉ねぎとまで言われる
ようになりました。

札幌黄はスローフ―ド協会の後世に残したい「味の方舟」に北海道で
認定されている食材です。

後は「まさかりカボチャ」「八列とうもろこし」「日本短角牛」です。

札幌黄はやはり栽培が難しいようで、昨年は岩見沢の有機のものを
使わせて頂きましたが、昨年は全滅したそうで、今シーズンは盤渓の
無農薬栽培の札幌黄を使わせて頂いてます。

取材には「おにぎりあたためますか!」のオクラホマの河野さんが。

総勢6名での取材です。

やはり緊張しますが、河野さんの素晴らしいコメントに助けられました。

1月12日(木)のHTVの15:45~の「イチオシ!」で放映予定です。

尚、このメニューは1月19日~22日限定。(ランチ・ディナー)


2011年12月 2日 (金)

白糠・酪恵舎さんのチーズ入荷!

今日も寒い日ですね。

今日、白糠・酪恵舎さんのチーズが入荷しました。

モッツアレラチーズは抜群に美味しく、イタリア産を使わなくとも、地元

の新鮮で、美味しいチーズを使わせて頂くことが出来ます。

また、酪恵舎さんのリコッタチーズも美味しいんです。

蟹とリコッタがまた合い、リコッタと毛蟹のサラダ仕立て。

今年、酪恵舎さんの井ノ口さんに来て頂いたチーズ会の様子です。

道産ワインともマリアージュし、楽しく美味しい会でした。

イタリア料理 カンティーナ スズキ のサービス一覧

イタリア料理 カンティーナ スズキ
  • TEL011-222-3026